別府の温泉は、通称「別府八湯(べっぷはっとう)」と呼ばれ、大きく8ヶ所の温泉郷(別府・浜脇・観海寺・堀田・鉄輪・明礬・亀川・柴石)に分けることができます。それぞれの温泉郷では、泉質・景勝・歴史・まち並みなどがそれぞれに異なり独自の温泉文化を存分に味わえます。

泉質の種類が豊富なことから、様々な効能の温泉を楽しむことができます。世界最大の泥湯、明治時代から人気の砂湯、鎌倉時代からの蒸し湯、足湯、青色の温泉、薬湯など多種多彩、まさに温泉の宝庫です。 また、効能にあわせた2湯めぐりなど組み合わせもバツグンです。
100円の共同浴場には、タオル、ボディソープ、シャンプーはないので、準備が必要。 マイ入浴セットを用意するのも楽しいかも。

別府の温泉の特徴は、市民の暮らしに密着していることです。市内には、100ヶ所を超える共同浴場があり、ほとんどの施設は100円で入浴できます。自宅に内湯があっても、わざわざ外湯を楽しむ方も。別府の温泉文化、地元の常連さんとの会話にも、ちょっと触れてみませんか。

明礬温泉の天然入浴剤 「湯の花」をはじめ「地獄蒸し料理」、「地獄蒸しプリン」、「温泉たまご」など温泉の恩恵を様々なかたちで味わうことが出来ます。五感を通して別府八湯をお楽しみください。

別府の観光といえば、「地獄めぐり」。7つの地獄のうち、海地獄、血の池地獄、龍巻地獄、白池地獄の4つが、「別府の地獄」として国の名勝に指定されました。

別府名物の「別府冷麺」や「とり天」といったB級グルメのお店も多数あるのでぜひご賞味ください
別府は海に面しているため、ふぐ、 関サバ・関アジや城下カレイをはじめとした、まさにA級グルメと言われる海の幸や、豊後牛などを存分に楽しむことができます。